注目キーワード
  1. 家キャン
  2. 音楽
  3. 料理

【燻製の作り方】一番簡単なメスティンを使ったレシピ | 家でおかず・おつまみ | 燻製食材まとめ

キャンプで食べるメイン料理のひとつといえば「燻製」ではないでしょうか。

stayhomeで自炊の機会が増えて大変な方も多いかもしれませんが、やっぱり自然環境に調和するような料理はホッとする美味しさですよね。

燻製はさまざまな国で作られていますが、日本の伝統的食品としては「かつお節」、「いぶり漬け」でしょうか?

簡単なツマミにもなります。

美味しくて大好き。

 

しかし、正直、燻製って難しそうって思っていませんか??

熱伝導率の高いアルミ素材のメスティンを使えば、一見ハードルが高そうな燻製も手軽😍に作ることができます。

ということで、今日は超簡単 メスティンを使った燻製を作ってみました。

 

所要時間はたった10分です!

 

【揃えるもの】(1〜3人分)

<ギア>

・ メスティン
・ メスティンに合う網(長バットアミ 18型用)
・ アルミホイル
・ スモークチップ

<食材>

・ 任意でスモークする具材
ウインナー、ベーコン、ささみ など:1パック
ちくわ、玉子、チーズ、きのこ など: 1袋
ミックスナッツ:適宜
胡椒、醤油、しょうが・にんにくチューブ:適量

   

【作り方】

<ギアの準備>

①メスティンの内側に、アルミホイルを敷きます。
敷くのは面倒に感じるかもしれませんが、ひと手間かけることで煙でメスティンを汚さず、長く使えることにつながります。


②アルミホイルの上に、チップをひとつまみ(スプーン2)入れます。

 

燻製チップの種類はたくさんありますので、肉や魚など、食品との相性ももちろんですが、ぶっちゃけ煙が出るので燻す環境を考えて選んでみるのがいいのではないかと思います◎(煙が多く色付きの良いもの、煙が少ない淡白なもの)

スタンダードな「さくら」は肉や魚だけでなく、色々な食材と相性がよいのが特徴です。



③メッシュトレイを敷いたら、燻製したい具材を乗せて準備完了です!

 

<燻製のスタート>

④準備ができたら、メスティンの蓋を隙間から煙がでるくらいにフワッと軽くかぶせておきます。
カセットコンロに点火し、最初は中火にして煙が出始めたら火を弱めに調整していきます。蓋にもアルミホイルを巻いておくとメスティンに汚れがつかないのでお手入れが楽になります。


シングルバーナーよりもカセットコンロのほうが安全で良いとお見かけしたので、今回はカセットコンロを使用します。

また、家の温度センサー付コンロをお使いの場合は、「ピー音」で火が止まってしまう例が報告されています。

ベーコンとチーズの燻製

食材は色々ありますが、今回はベーコンとチーズから始めます。

出力調整が上手く行けば、約5〜10分程度で程よく燻された艶のある燻製ができあがります!

 

網にくっつきやすいチーズは、ダイス型に切ってベーコンの上に乗せれば、トロットロ〜♪

 

ちくわの燻製

初心者でも下ごしらえ不要で、酒の肴にもってこいの逸品ちくわ!

お好みで中に大葉やプロセスチーズを入れたり、黒コショウをふってください。

 

ウインナーの燻製

スモークとウインナーの相性はピッタリ。

中まで熱が通るぐらいじっくり燻せば、パリパリッとした食感と芳醇な香りを楽しめる燻製ウインナーの出来上がり!

もう普通の焼きウインナーには戻れません( ◠‿◠ )



ミックスナッツの燻製

燻煙によって余分な油が落ちて、いくらでも食べられそう!

網の隙間から落下しないようアルミホイルに乗せます。

 

卵焼きの燻製

隠れた激ウマ素材が、玉子焼き。ビックリするほど美味しいですよ!!
騙されたと思って、是非お試しいただきたい。

市販の切れてる玉子焼きでOK。

 

ささみ・鶏胸肉の燻製

低カロリーな鶏のささみは燻製との相性も抜群。
スモークチップの種類によって風味も変わってくるので好みにあわせて選びましょう。

マヨネーズ胡椒や、生姜醤油などで味付けをするとまた違った変化を楽しむことができます。

ホワイトオークは、ウィスキーの甘めの香り。
ふわっと香るので、家の中でやっても換気すれば全然大丈夫でした!

やっぱりサクラのほうが香りと色付きがよかったです。

 

番外編 : ケンタッキーの燻製

オリジナルチキンのような、ボソッとした素材には燻製が意外と合います!

蓋を開けた時のワクワク感がハンパありません(笑)

 

番外編 : 食パンの燻製

おなじみキャンプ料理といえば「ホットサンド」ですが、ご家庭で余った食パン

切って燻せば、フワッとウイスキー樽風味のパリパリのおやつに!

はちみつとバターをかければ、アメリカン。

 

メスティンで燻製する際の注意点!

めっっちゃ熱くなります。

素手でフタを開けようとしないようにご注意ください。(本当にいい感じなのでつい…!)

また、市販の手袋だと溶けますので、耐熱のキャンプグローブがあると安心かとは思います。

 

鍋敷きも焦げます。

 

メスティンがよく冷えてから、次の食材の準備 & 後片付けに取り掛かってくださいね。



 

本当に簡単なので、自分なりの燻製のつくり方のコツがつかめてくると思います。

おしゃべりしながら、ゆっくりしたい方にはもってこいの燻製料理。

お気に入りのメスティンを見つけてぜひ挑戦してみてください!

 

それでは、また!

 

 

 ライター 前田 紗希

作曲家、ドラマー、RECエンジニア
国立音大⇨世界一周⇨NY
『studio iota label』旅×音楽の8事業の社長・編集長
音楽療法/写真/SEOライター/カフェ

【studio iota label】

日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

NO IMAGE

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
アウトドアに関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG